高家表裏譚

角川文庫- 高家表裏譚(一)

跡継- 高家表裏譚(一)

ISBN:4041092736 2020年3月24日 304頁
幕府と朝廷の礼法を司る「高家」に生まれた吉良三郎義央は、13歳になり、将軍・徳川家綱から名家・吉良家の跡取りと認められた。
高家の役割は、朝廷への使者のほかに、大名や旗本の官位官職の斡旋などがある。今回は、前田家と毛利家が昇爵を目論み、吉良家への音物(進物)が届けられた。
だが三郎は、父・義冬から、幕府に反抗的な毛利家に対し、厳しい通達をするよう命じられ──。
武家の光と闇を描く、待望の新シリーズ!
購入する方はこちらへ>>

角川文庫- 高家表裏譚(二)

密使- 高家表裏譚(二)

ISBN:4041092744 2020年9月24日 304頁
幕府と朝廷の礼法を司る「高家」に生まれた吉良三郎義央は、名門吉良家の跡取りとして、見習いの役目を果たすべく父に付いて登城するようになった。だが、そんな吉良家に突如朝廷側からの訪問者が現れる。
購入する方はこちらへ>>

角川文庫- 高家表裏譚(三)

結盟- 高家表裏譚(三)

ISBN:4041108985 2021年3月24日 304頁
朝廷からの任官の書状を巡り、幕府老中たちの間に衝撃が走った。書状は、高家・吉良家の長男である吉良三郎義央に対し、従四位下侍従ならびに上野介を叙任するというものだった。まだ高家見習いの三郎に、他の高家を差し置いて何故高位が与えられたのか。それは、3年前に三郎が命を救った近衛基熙の思惑であった……。三郎の思わぬ出世は、さらなる危機を招くことになるが──。驚くべき展開が待ち受けるシリーズ第3弾。
購入する方はこちらへ>>

  • 上田秀人作品一覧
  • 活動予定
  • 交流掲示板
  • 講談社BOOK倶楽部
  • 講談社BOOK倶楽部 百万石の留守居役
  • 光文社 上田秀人特設ページ